結婚式と披露宴の違いとその役割

2つは異なるイベントになる

なぜ結婚式を挙げるのか

結婚式は、愛し合う2人が夫婦になることを神様の前で誓います。
そして披露宴は、家族や友人を集めてパーティーを開くことを言います。
2つを同じものだと思っていた人は、別のものだと認識してください。
結婚式をすることで、2人の愛を再確認することができます。
また綺麗に着飾った姿を親に見せたり、親に感謝の気持ちを述べることができます。
結婚式をやらないカップルが増えていますが、なるべく挙げた方が良いと思います。

派手なことが得意でないカップルは、家族と本当に仲の良い友人だけを集めた小さな結婚式を挙げてもいいと思います。
小さな結婚式を挙げることで、費用を安くできるメリットが生まれます。
披露宴を挙げると、自分のパートナーをみんなに披露できます。
また披露宴では、食事などでゲストをもてなします。
これまでにお世話になった人を招待して、たくさんもてなしましょう。
披露宴をする時は、準備の時間が必要になります。

面倒に感じる人も見られますが、これまでにお世話になった人が多くて、感謝する機会を設けたいと考えている人は披露宴を挙げてください。
結婚式と披露宴を挙げることは、強制ではありません。
何もしないで夫婦になることもできます。
ですが人生で1回しか訪れないイベントですから、準備を整えて挙げるのがおすすめです。
よくパートナーと話し合って、結婚式と披露宴を挙げるのか決めてください。
準備を早くすれば、すばらしい結婚式と披露宴になるでしょう。

結婚式と披露宴の違いとは

みなさんは、結婚式の意味をきちんと理解していますか。 神様の前で、永遠の愛を誓い合うために結婚式を挙げます。 また、両親に感謝する場を設けるために、結婚式を挙げるカップルも見られます。 意味を知ると、結婚式を挙げたいという気持ちになるのではないでしょうか。

ゲストに参加してもらう

披露宴を挙げる時は、家族や親戚、友人たちを招待します。 ゲストと呼ばれる彼らは、時間に都合をつけて披露宴に来てくれています。 感謝の気持ちを込めて、ゲストをもてなしてください。 また披露宴を利用して、自分のパートナーをゲストに見せることができます。

結婚式と披露宴のスタイル

結婚式と言っても、様々なスタイルがあります。 よく調べて、自分たちに合っているスタイルを選択してください。 宗教の問題で、洗濯できないスタイルもあるので注意しましょう。 披露宴を挙げる際の注意点があるので、事前に把握してから計画を立ててください。

▲ ページトップへ戻る