結婚式と披露宴の違いとその役割

2つは異なるイベントになる

ゲストに参加してもらう

食事などでもてなそう

いろんなスタイルの披露宴がありますが、基本的に食事をしながら進みます。
おいしくて豪華な食事を用意することで、ゲストが喜んでくれます。
披露宴の主役は、これから結婚する2人です。
ですが、披露宴ではゲストをもてなす側になると思ってください。
ゲストをもてなすことで、友人たちに感謝できます。

また披露宴には、お世話になった先生や仕事の上司も訪れます。
その人たちにも感謝の気持ちを伝えるために、おいしい食事を用意しましょう。
普段は食べられない、豪華な食事を用意することで喜んでもらえると思います。
これまでにたくさんの人に支えてもらったおかげで、大きく成長できたと認識してください。
感謝の気持ちを、披露宴で伝えましょう。

友人たちから祝ってもらおう

披露宴の余興で、友人たちが出し物をしてくれると思います。
余興を通して、2人の結婚を祝ってくれます。
結婚式は厳かに進められるので、友人たちが直接お祝いを言う場を設けることはできないかもしれません。
せっかく友人たちが来てくれているので、お祝いの言葉をもらいたいですよね。
言葉をもらうことで、幸せを改めて実感できると思います。

すると友人たちとの絆も、さらに深まるでしょう。
披露宴を挙げる時は、楽しい雰囲気になるよう意識してください。
新郎新婦だけが楽しい結婚式では、友人たちはおもしろくありません。
お祝いに来てくれた、ゲストが楽しくなる計画を考えましょう。
みんなが楽しい思い出を残すことを、目標にしてください。

▲ ページトップへ戻る